Eames × Reebok コラボ第1弾 Club C “Monotone Pack”が国内11月5日に発売

歴史的なインテリアデザインスタジオ『EAMES OFFICE(イームズオフィス)』とリーボックが初コラボ。フットウェアコレクション第一弾として、クラブC “モノトーンパック”がリリース。 [GY1066 / GY1067]

歴史的なインテリアデザイン事務所『EAMES OFFICE(イームズオフィス)』とグローバルスポーツブランド「ナイキスニーカー メンズ」による初コラボレーションスニーカー Club C 85 “Monotone Pack”(クラブC 85 “モノトーンパック”)が、国内2021年11月5日(金)に発売予定。

✳︎SSENSEなど海外店舗では先行発売。

販売定価: 15,400円(税込)
何世代にもわたって愛されてきたイームズ夫妻のデザインの根幹にある、それぞれのユーザーが求めるものに合わせたデザインを提供するという信念と、履き手のニーズに応えることを使命として様々な定番モデルを生み出してきたリーボックの理念が共鳴し、今回の特別なコラボレーションが実現した。記念すべきコラボ第一弾では、1985年に初登場したリーボックのアイコンシューズ「CLUB C(クラブC)」をベースに採用。

ミニマルでクラシックなシルエットと、どんなスタイルにも合わせやすい汎用性の高さで、1985年の登場から今なお 高い人気を誇っている本モデルを、『イームズオフィス』とのパートナーシップのもと再構築し、発売当時のオリジナルモデルのシルエットを忠実に反映しながらも、素材や製造プロセスを刷新したことで、新たな命を吹き込んだ。

本作はブラックとホワイトの 2カラーウェイで展開され、まさに日常の足元のためにデザインされた仕上がり。どんなスタイルやワードローブにも合わせやすいこのモデルには、イームズ夫妻(チャールズとレイ)がデザインするときに最も重要なポイントとして考えていた「使いやすさ、アクセスのしやすさ」が反映されている。

オリジナル(OG)モデルと同サイズのシュータンタグやサイドのロゴウィンドウボックス、ダイカットの ツーリング、クラシックのロゴとアーチ部分に内蔵されたバンデージなど、細部にわたり 1985年発売 当時の OG モデルへのオマージュを込めたデザインとなっている。nike スーパーコピー また、アウトソールに施されたグレーのアクセントと、同じくグレーのイームズのウーブンタグは、どちらも『イームズオフィス』のデザインの基礎にある、産業デザイン的アプローチをイメージ。それとは対照的に、インソールに はカラフルなトライアングル模様(右図)を採用することで、イームズ夫妻が世界に誇る洗練さ れたデザインセンスと細やかなこだわりに対する敬意を表現した。

今回の「Monotone Pack」のリリースに続き、今後コラボレーション第二弾として、レイ・イームズのビジュアルアーティストとしての側面にフォーカスした、 「Ray Eames Signature Pack(レイ・イームズ シグネチャーパック)」をリリース予定。このパックでは、彼女の 1939年の作品 「Composition」と、1947年のテキスタイル「Eames Dot Pattern」からのビジュアルを取り入れた新しい「CLUB C」を展開する。第2弾については今後の続報を待とう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *